ジャイサルメール@キャメルツアー

14時頃宿に到着。
空き部屋確認したらドミトリー(相部屋)しかないと言われました。
時間がない事もあり女性1人やし半日ツアーに参加するつもりだったので
まぁいっかとドミトリー1泊お願いしました。
IMG_2140_convert_20141103123132.jpg
ベッドの感覚狭い!
写真には写っていませんが、アジア人の男の子と欧米人の女の子がいたので
このドミトリーは相部屋でした。

そしてまた受付に戻りついでに半日ツアーを申し込みました。(1300ルピー)

半日コースB : Rs1300
【夕日→ディナー&キャンプファイヤー】
15:00—ホテル出発
16:30—砂漠着、ラクダに乗って砂漠散策と夕日観賞
18:30—ディナー&キャンプファイヤー
21:00—砂漠出発、ホテルに戻る
22:00—ホテル着

ちゃちゃっとツアーの申し込み完了。
ジープで行ってラクダにも乗れてダンスを見るという内容(確か)
なかなか良いではないかと思った。

1泊すると1750ルピーでそう大差ないんや~と思いましたが
ジャイサルメールのキャメルサファリツアー、トラブルが多い事を以前より聞いていたので
信頼のおけるこちらの宿でのツアーにしたのであります。

ちなみに1泊の内容

1泊2日コースA : Rs1750  ※テント+Rs300
【夕日→ディナー&キャンプファイヤー→砂漠で就床→朝日→村観光】
1日目15:00—ホテル出発
1日目16:30—砂漠着、ラクダに乗って砂漠散策と夕日観賞
1日目18:00—ディナー&キャンプファイヤー
1日目21:00—砂漠で就床、美しい月や星を眺める・・・
2日目06:00—起床、朝日観賞
2日目07:00—朝食
2日目08:00—ラクダで散策、村観光
2日目10:00—砂漠出発、ホテルに戻る
2日目11:30—ホテル着

15時には出発するとの事で時間のない私にはラッキーでした!
出発まであまり時間もなかったので準備のため戻りました。
私に用意されたベッドはアジア人の男の子の隣だったのですが
その子は日本人でトシオ君というインド旅1か月目の方でした。
久しぶりに日本語を話したと言ってた事から英語に慣れてない自分としても助かりました(;^ω^)
喋ってたらすぐツアー出発の時間になりました。

ジープに乗って、まずは近郊の村へ。
IMG_2064_convert_20141103121638.jpg
あ!うちわ!
IMG_2063_convert_20141103121612.jpg
しかしここでは特に案内される訳でもなく、完全放置プレイ(爆)
ツアー参加者は6人いたのですがみんな苦笑いでした。
トシオ君いわく、自由に家の中を見ていいよっていう
日本でいうところの白川郷みたいなのかもね~との事で
何か私的にはツボにハマり爆笑してしまった。笑。

適当なところでみんなまたジープに戻ります。。
IMG_2065_convert_20141103123227.jpg
IMG_2066_convert_20141103123248.jpg
IMG_2067_convert_20141103123316.jpg
え!?ここ通るの?ってとこで右折して
IMG_2068_convert_20141103123338.jpg
ラクダちゃんたちのいるとこに到着~☆
この時に半日ツアーから1泊ツアーに変更してもらいました。
夜空の下で寝るのと宿のドミトリーで寝るのとどちらが良いかと言えば
夜空の下がいいに決まってる!!!

そしてみんなそれぞれ言われたラクダに乗ります。
IMG_2069_convert_20141103131507.jpg
IMG_2070_convert_20141103131536.jpg
IMG_2072_convert_20141103131602.jpg
サハラ砂漠の時に比べたら全然暑くないんだけど
それでもジリジリ暑いのでジョードプルで買ってたこのスカーフが大活躍でした!
IMG_2083_convert_20141103131730.jpg
IMG_2081_convert_20141103131632.jpg
砂漠というより荒野を進みます・・ラクダペースなので遅いよ~www
IMG_2078_convert_20141103131653.jpg

そしてキャンプ地へ到着!
IMG_2091_convert_20141103131900.jpg
IMG_2108_convert_20141103132408.jpg
IMG_2116_convert_20141103132539.jpg

ガイドさんは夕飯の用意を始め、私たちはフリータイムです。

写真撮りまくり!
IMG_2101_convert_20141103132124.jpg
IMG_2100_convert_20141103132146.jpg
IMG_2096_convert_20141103132209.jpg
ISAACたちニュージーランド人カップル&イングランド人の男の子2人は
姿が見えなくなるほど随分遠くへ散策に行ってしまったので
私とトシオ君もそれぞれ砂漠を楽しみました。
IMG_2109_convert_20141103132345.jpg
IMG_2107_convert_20141103132322.jpg
この後、トシオ君帰ってこないな~と思ったら実は迷子になり
別の場所でキャンプをしていた韓国人グループの人たちに助けられたそうです。(笑!)

赤い月!
IMG_2112_convert_20141103132448.jpg
IMG_2111_convert_20141103132505.jpg

砂漠の夜は周りに何もないので太陽が沈むと夜空の星以外周り本気で真っ暗になります。
その中で音楽をかけながらみんなでビール飲みながらガイドさんの作った料理(カレー・出来立てチャパティ)など食べ
ワイワイ砂漠で食べるごはんを満喫しました。
ニュージーランド人の女の子は来年東京付近で英語教師を1年やるため日本に来るとの事で
年齢とかも聞いたらみんな若かった!若く見えたトシオ君も年下ではあるけど30代だったので驚いた!
日本人って見た目若い~・・・私が最年長でしたわ・・・笑

さて、寝る時間も自動的に早くなります。
簡易ベッドを砂の上に人数分用意して並べます。
全部ガイドさんやってくれます。

ツアー参加して知り合ったばかりの人たちと星空を見ながら並んで寝るなんてこういう旅ならではですね~。
トシオ君とも旅トークで話が尽きず眠たくなるまで喋ってました~^^

そういや元々半日ツアーのつもりで準備して来てたので歯ブラシ以外の洗顔系を全然もってきてませんでした。
なので恐ろしい事にそのまま寝ました。

でも星空はとてもキレイでした(≧▽≦)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nahide Naomi

Author:Nahide Naomi
ダンサー体型に憧れダンスを楽しんでいます☆

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ