国境越え

次の目的地が一致したのでリサちゃん(辺見えみり似)と同行することになった。
ウユニの駅からビジャソンまで行ってアルゼンチンのラキアカへ国境越え。

昼間電車のチケットを買いに行ったんやけど深夜の1時に来いと言われた。
深夜1時で出発は深夜2時発。
直前にしか買われへんのかい!?

乗れなかったらどないしてくれる!!と、不安もいろいろありましたがなんとかチケットはゲットできた。
しかし松竹梅みたいに席のランクがあり「竹でいいよねぇ?」とリサちゃんと話してたのだが松しか残っていなかった・・

ところがところが、、、かなりゆったり広々と座れるし車掌さん親切やし食堂車ついてるし---でかなり世界の車窓から状態だったのだ!!!(キャ~)

電車が動き出したのは結局深夜3時くらい。
というわけで満月をかなり低い位置で見れた。

いやぁ~ほんとキレイだったねぇ・・

そうそう、電車のトイレってさ--便器の底を見ると線路が見えた(笑
垂れ流しか--ッ(まぁそうだよね)
ビジャソンに着きイミグレを探した。
結構遠かった。
その前にバスのチケットを買った。

ただし乗り場は国境を越えたラキアカのタ-ミナルだそうで何が何やらとやってる間にイミグレに着いた。

リサちゃんの次だったので特に何も検査もなくトントンと判子押してもらえた。
アルゼンチンのイミグレ行った。

日本人とわかると超好待遇を受けた。
リサちゃんのパスポ-トなんて好奇心でパラパラ見られてる感じであった。

私といえば「ナオミキャンベル!?」とまた言われた。

「Si--YO モデルノ」と私も言う。

さすが南米のイミグレ

ほんと明るいっす。

判子押してもらった後、荷物検査後タ-ミナルに向かわねばならない。

バスの時間が迫ってるのに順番に並べと言われた。

こういう時は女の人に言っても拉致があかんということで男の人に理由を言い即効パスさせてもらった。

こういう時は男の人に限る、とリサちゃんは言った。

リサちゃんの素晴らしい活躍ぶりが見事すぎて拍手する私。

早歩きでタ-ミナルに向かう。

到着すると怪しげなオッサンが私らのチケットを奪い着いてきなという感じでズンズン先に進んで行ってしまった。

後を追いかけた。

チケットを購入した会社のカウンタ-に行った。

なぜかそのバスはないとのこと。(理由がよくわからんかった)

そしたらそのオッサンがチケットをそのまま持ったままほかのバス会社に行った。

私らは何がなにやら。

チケットをオッサンから奪い返し途方にくれた(25ドル----!!)

そしたらまたオッサンが来てまた他のバス会社のカウンタ-まで私たちを連れていった

そこに座って待ってなさい

と言ってくれたが、私たちの中ではこのオヤジ怪しい!!!と決め付けていたので睨み倒していた。

名前は?と聞かれてもブスッとしていた。

そしたらそのオッサンは自分の名を「マラド-ナ」と言った。

ちょっとププッと笑ってしまった。

オッサンが挨拶のキスをねだってきたが「ノ-メグスタ」と言って断った。

なんかよくわからんがこのオッサンのおかげで買った会社のバスには乗れなかったが追加料金等なく別会社のバスで次の目的地サルタに行けることになった。

た だ し 値 段 が 20 ペ ソ く ら い 差 額 が あ る ん で す が ね 。

どういうことかまったくわからんかったが、後で詳しい人に聞くとどうやら私たちの乗るはずのバスに人が集まらなかったようです

だからこういう時他の会社のバスに同乗することになることもたまにあるらしい?

とにもかくにもやれやれである。

外は雷・大雨の中バスは発車した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹
プロフィール

Nahide Naomi

Author:Nahide Naomi
ダンサー体型に憧れダンスを楽しんでいます☆

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ